使わない家具や家電を処分しよう

分別する必要がない

自分で家電を処分する場合は、まず家電リサイクル法に含まれるか判断しなければいけません。
家電リサイクル法に該当するものは、購入したお店やメーカーに持って行き引き取ってもらいます。
ですが購入したお店を忘れたり、すでにお店がなくなっている場合があります。
それでは、処分できないので困りますよね。

不用品回収業者は、家電リサイクル法に該当するものでも引き取ってくれます。
回収した後で、業者のスタッフが分別してくれるのでこちらの手間を削減できます。
たくさんの家電があると、どこで何を買ったかなんて思い出せないでしょう。
いろんなお店に、重い家電を持って行くのも大変です。
1回の手間で済むように、不用品回収業者を活用してください。

処分方法を把握しよう

どんな方法で不用品を処分しているのか、調べてから連絡してください。
正しく分別して、使える部品は取ってから処分しているような業者だったら安心できます。
しかし中には、悪質な不用品回収業者も存在するので、注意しなければいけません。
悪質な業者は、家具や家電を処分することに極力費用を掛けないようにしています。

ですから勝手に燃やしたり、不法投棄をするかもしれません。
勝手に燃やすことで有害物質が発生して、地球環境が悪くなります。
正しい処分をしているのか、調べてください。
優良な不用品回収業者だったら、処分方法をホームページに記載していると思います。
また、国から許可を得ていることも掛かれているのでチェックしましょう。